人材派遣とは?メリット・デメリットも紹介

求人

まず初めに知っておきたい派遣の仕組みについて

アルバイトや社員異なる雇用形態の派遣社員。
一体どのような仕組みの雇用形態なのでしょうか?
派遣会社を利用する前に知っておいてほしい派遣の仕組みについて詳しく紹介しています。

人材派遣会社の仕組みについて

人材派遣会社は特殊なスキルや経験を持つ人と雇用契約を結び、そのスキルや経験を持つ人を必要としている企業に派遣している会社です。
働く側はその企業から直接雇用されているわけではないので気軽に働けますし、企業側も直接雇用するわけではないので様々な面でメリットがあります。

3つの派遣の種類について

派遣には「一般予定派遣」「特定派遣」「紹介予定派遣」の3つの種類があります。
それぞれの特徴やメリット・デメリットをきちんと理解した上で人材派遣会社を利用するようにしましょう。

派遣で働く場合のメリットとデメリット

メリットとデメリットをきちんと理解しておこう

派遣社員として働く場合、メリットがある反面、もちろんデメリットも存在します。後々のトラブルを避けるためにもメリットとデメリットの両方をきちんと理解しておきましょう。

自分の希望する職種を選べる

派遣社員として働く場合、職種はもちろん時間や場所など自分の希望にあったものを選ぶことができます。自分の希望を人材派遣会社に伝えることで人材派遣会社があなたの求める条件にぴったりの仕事を紹介してくれます。

事前に企業のことを詳しく知ることができる

人材派遣会社を通して仕事を紹介してもらう場合、事前に気になる部分を派遣会社を通して明確にしていくことができます。
その企業に直接雇用された場合事前に職場の雰囲気まで知ることはなかなか難しいですが、人材派遣会社を通すことでそれも可能になってきます。

働ける期間が決まっている

派遣として働く場合のデメリットといえば、働ける期間が定められているということでしょう。派遣の場合同じ企業では原則3年間しか働くことができません。そのため、同じ企業でずっと働きたい人にとっては大きなデメリットとなります。

継続的に仕事を紹介してもらえない

派遣期間を満了した後、次の仕事が決まるまでにしばらく期間があいてしまうといったことは少なくありません。
そういった状況を防ぐためにも派遣の終了期間が近づいてきたら担当者と次の派遣先についてしっかりと話し合う必要がでてきます。